香港の調査報道ジャーナリストに有罪判決、報道の自由にさらなる打撃

報道番組制作の過程でデータベースを不正利用したとの罪に問われたバオ・チョイさん/Kin Cheung/AP

報道番組制作の過程でデータベースを不正利用したとの罪に問われたバオ・チョイさん/Kin Cheung/AP

香港(CNN Business) 香港の民主派が2019年に暴徒に襲撃された事件の調査報道をめぐり、西九龍治安判事裁判所は22日、データベース不正利用の罪に問われたフリーランスジャーナリスト、バオ・チョイさんに有罪判決を言い渡した。香港の報道の自由に対するさらなる打撃と受け止められている。

チョイさんは公共放送、香港電台(RTHK)のドキュメンタリー番組制作の過程で車両登録データベースを検索したとして、道路交通条例違反の罪に問われ、6000香港ドル(約8万3000円)の罰金を言い渡された。

検察側は、同データベースは交通関連の案件にのみ使用されるべきもので、報道目的では使用できないと主張していた。

アイビー・チュイ治安判事はこの主張を認め、チョイさんによるデータベースの使用は、運輸局に自分の情報を提供した車両の持ち主が想定していた使い方ではなかったと判断。許容された範囲内でこの情報を使用しないユーザーに、車両の持ち主の個人情報を提供すべきではないと述べ、「報道や取材は交通や運輸に関係していない」「申請者が運輸局の情報を報道目的で使用したのは明らか」とした。

チョイさんの裁判は、香港当局が民主化運動に関係した人物の摘発を続ける中で行われ、人権問題をめぐる懸念は一層強まっていた。

2019年7月に香港北部の元朗駅で起きた事件では、民主化支持者や通勤客が、犯罪組織と思われる集団に襲撃された。警察が対応するまでに39分かかったことから民主派が批判を強め、民主派と当局の信頼関係悪化につながった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]