WHO主導のワクチン分配、100万回分が到着 ケニア

ケニア・ナイロビの国際空港に到着した英オックスフォードと英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン/Daniel Irungu/EPA-EFE/Shutterstock

ケニア・ナイロビの国際空港に到着した英オックスフォードと英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン/Daniel Irungu/EPA-EFE/Shutterstock

(CNN) 世界保健機関(WHO)主導で新型コロナウイルスワクチンを分配する国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」を通し、東アフリカのケニアに100回分あまりが届けられた。同国保健省が2日に発表した。

首都ナイロビの国際空港に同日午前0時すぎ、英アストラゼネカとオックスフォード大学が開発したワクチン102万回分が到着した。

同国の保健省とCOVAXを進めるWHO、国連児童基金(ユニセフ)、感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)、ワクチンと予防接種のための世界同盟(GAVI)の共同声明によると、ケニアには計350万回分が供給される予定で、今回はその第1弾。保健省によれば、医療従事者や教師、治安要員が優先的に接種を受ける。

COVAXは途上国に向け、今年中に少なくとも計20億回分の供給を目指している。

GAVIのプログラム責任者は「ひとつの国のパンデミックは全ての国で終わるまで続くことを、私たちは知っている」と述べた。

ワクチンに加えて、ユニセフはGAVIの支援を受け、ケニアに注射器や廃棄ボックスを供給している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]