ミャンマー軍事政権と民主派、国連大使の座をめぐり争い

国連総会で演説するミャンマーのチョーモートゥン国連大使=2月26日/UNTV

国連総会で演説するミャンマーのチョーモートゥン国連大使=2月26日/UNTV

(CNN) 軍がクーデターを起こしたミャンマーの実権をかけた争いが、国連の場に持ち込まれている。ミャンマーのチョーモートゥン国連大使は国連に宛てた書簡で、自分は今もミャンマーの代表だと訴えた。同大使は先週、軍による権力の掌握を拒絶する演説で脚光を浴びていた。

これに対してミャンマーの副国連大使は、軍が自分を国連大使に任命する意向だと主張する予定。両氏とも、国連に宛てた正式な書簡でそれぞれの主張を展開している。

ミャンマーでは2月に起きたクーデターで軍が実権を握り、アウンサンスーチー国家顧問などの民主派指導者は拘束された。市民は全土でクーデターに対する抗議運動を展開、治安部隊の暴力による死者や逮捕者が続出している。

チョーモートゥン国連大使は国連に宛てた書簡の中で、「ミャンマーの民主的な政府に対する非合法クーデターの首謀者には、我が国の大統領の正当な権限を無効にする権限はない」と強調した。

しかし国連のステファン・ドゥジャリク報道官によると、ミャンマーの外務省は副国連大使を大使に就任させたい意向を示している。ドゥジャリク報道官は2日、記者団に対し「長い間見なかった特異な状況だ」と述べ、できるだけ早期の解決に努めると言い添えた。

チョーモートゥン国連大使は2月26日の演説の中で、ミャンマーの文民政権復活を支援するために「必要とされる手段」を行使するよう国連加盟国に促した。これを受けてミャンマーの軍事政権は同国連大使の解任を発表していた。

過去にこうした争いが起きた際には、その国を代表する人物として適切な「資格」を持つのは誰かを国連の委員会が判断していた。

この手続きについてドゥジャリク報道官は、「まず第一に、常任代表の変更において、政府の変更に関する正式な通知を受ける必要がある。特定の加盟国の席に着く人物の資格に関して疑問があれば、加盟国自らがそれに異議を唱え、国連総会の信任状委員会を通じて協議することになる」と説明する。

だが、その手続きによってさらに事態が深刻化する可能性があり、時間がかかることも予想される。国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、安全保障理事会を通じてミャンマー軍指導部に対して民主主義への復帰を促したい意向だという。

米国務省のネッド・プライス報道官は2日、「チョーモートゥン氏については、同氏が引き続き常任代表の地位にとどまると理解している」と述べ、「我々は引き続き軍事クーデターに反対し、ビルマの民主的に選ばれた文民政権の復活を支持する」と言い添えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]