スロバキア、2日間で人口の3分の2をコロナ検査 陽性率1%強

スロバキア首都ブラチスラバで新型コロナ検査の列に並ぶ市民=10月31日/Vladimir Simicek/AFP/Getty Images

スロバキア首都ブラチスラバで新型コロナ検査の列に並ぶ市民=10月31日/Vladimir Simicek/AFP/Getty Images

(CNN) 中欧スロバキアで全人口の3分の2に当たる360万人余りを対象に、新型コロナウイルス感染の検査が先週末の2日間で実施された。公式サイトによると、対象者の1%強が陽性反応を示した。

同国は先月から新型ウイルス感染が急拡大していることを受け、10歳以上の国民を対象とする検査に踏み切った。欧州で大規模な一斉検査が実施されたのは初めて。

まず先月23日から、感染者が多いオラバ、バルデヨフの2地域で試験的に実施。3日間で対象者の91%に当たる14万1000人近くが検査を済ませた。

続いて31日から今月1日にかけ、残る国内全域の住民を一斉に検査した。在宅の高齢者、障害者、がんや免疫不全疾患の患者ら高リスクのグループは除外された。全国合わせて約5000カ所に検査所を設けた。

感染を素早く低コストで確認できる抗原検査が採用された。ただしPCR検査に比べて精度は低い。検査は強制ではなかったが、拒否した人には8日までの間、厳しい外出制限が求められている。

陽性者は計3万8359人。陰性の人は証明書を示せば厳しい制限対象から外され、陽性の場合は自宅か指定ホテルでの隔離を命じられた。

検査は軍主導で実施され、医療従事者1万4500人、兵士6319人を含む計4万463人のスタッフが送り込まれた。政府は今月中に2回目の一斉検査を実施することも検討しているという。

マトビッチ首相は1日、関係者に感謝の言葉を贈った。ただし先月初めからの緊急事態宣言は解除せず、マスクの着用義務付けや大規模集会の禁止などの措置は続ける方針だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]