乗員43人と畜牛5800頭乗せた貨物船が遭難、1人救助

日本の第十管区海上保安本部が貨物船の乗組員と思われる男性を救出したと伝えた/10th Regional Coast Guard H.Q.

日本の第十管区海上保安本部が貨物船の乗組員と思われる男性を救出したと伝えた/10th Regional Coast Guard H.Q.

(CNN) 乗員43人を乗せて太平洋を航海していた貨物船が消息を絶ち、フィリピン人の乗員1人が救助された。日本の海上保安本部が明らかにした。

パナマ船籍の貨物船「ガルフ・ライブストック1」は2日未明、奄美大島の西およそ185キロの海上で遭難信号を発信した。東シナ海のこの地域は当時、大型の台風9号(メイサーク)の影響で暴風に見舞われていた。

乗員1人は半日以上も海上を漂流した後に救助された。海上保安本部によれば、健康状態は良好だという。

ガルフ・ライブストック1は全長133.6メートル。乗員のフィリピン人39人とニュージーランド人2人、オーストラリア人2人を乗せてニュージーランドを17日に出港し、中国へ向かっていた。

パナマ船籍の貨物船「ガルフ・ライブストック1」=2016年撮影/Jungerhans Reederei
パナマ船籍の貨物船「ガルフ・ライブストック1」=2016年撮影/Jungerhans Reederei

ニュージーランド外務貿易省によると、同船には積み荷として畜牛5800頭以上が乗せられていた。

ニュージーランドの動物愛護団体SAFE NZは、生きた動物の輸出は許可すべきではないと述べ、同船に乗せられていた畜牛については「全頭が妊娠していた可能性が大きい」と指摘した。

日本には、カテゴリー4のハリケーンに匹敵する勢力をもつ台風10号(ハイシェン)が接近している。6日には九州、7日には朝鮮半島に接近する見通し。気象庁は、70年の観測史上で3番目に大きな台風になる可能性があるとして、厳重な警戒を呼びかけている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]