公共輸送機関でマスク着用を義務化、違反には罰金 NZ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュージーランドで、共輸送機関内や航空機内で新型コロナウイルス対策のマスク着用が義務化される/Getty Images

ニュージーランドで、共輸送機関内や航空機内で新型コロナウイルス対策のマスク着用が義務化される/Getty Images

(CNN) ニュージーランド(NZ)政府は30日までに、公共輸送機関内や航空機内で新型コロナウイルス対策のマスク着用を義務化し、怠った場合、罰金を科すとの方針を明らかにした。今月31日から実施する。

ヒプキンス保健相は声明で、違反者には違反通知書に基づき300NZドル(約2万1300円)の罰金、もしくは裁判所が最大で1000NZドルの罰金を科すと述べた。

ただ、タクシーや学校バスは新たな規則の対象外となる。また、身体障害や精神的な問題を抱え、マスクなどの着用に対応出来ない場合や12歳以下の子どもは除外される。

ヒプキンス保健相はマスク装着はニュージーランドの文化に合致したものではないとしながらも、「国民にお願いしているのは車内に入ったらシートベルトを着用するように、マスクを利用することだ」と強調した。

ニュージーランドは一時、新型コロナの予防策が奏功し新規感染者がゼロになる日が続き国際的な称賛も浴びていたが、ここに来て感染がぶり返してきている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]