政府の新型コロナ対応に抗議デモ、警察が中止命令 ドイツ

ドイツの首都ベルリンで、政府の新型コロナウイルス対策に抗議するデモが開かれた/Fred Pleitgen/CNN

ドイツの首都ベルリンで、政府の新型コロナウイルス対策に抗議するデモが開かれた/Fred Pleitgen/CNN

ベルリン(CNN) 独ベルリンで29日、新型コロナウイルス感染拡大への政府対応に抗議する数千人規模のデモが実施された。警察は参加者らが感染対策の規制に反しているとして、デモの中止を命じた。

デモには極右団体のメンバーや米国発の極右系陰謀論「QAnon(キューアノン)」の信奉者らが参加。ほとんどがマスクを着けず、互いに距離を置かずに行進した。終点のブランデンブルク門では、国内や欧州の他国から約2万人が集結する集会が予定されていた。

議員らの顔の下に「有罪」と書いたプラカードや帝国主義団体の旗、トランプ米大統領やプーチン・ロシア大統領を称賛する横断幕を掲げる参加者もいた。

ベルリン警察は開始から数時間後、デモ隊を解散させるしかないとツイートし、主催者に通告したことを明らかにした。同国の感染防止法に基づく距離確保などの規制順守を繰り返し求めてきたが、守られていないためだと説明した。

現場には違反状況を監視するため、警官約3000人が派遣されていた。

抗議デモには数千人が集まった/Fred Pleitgen/CNN
抗議デモには数千人が集まった/Fred Pleitgen/CNN

ベルリン州政府はデモに先立ち、規制違反が起きる恐れがあるとして中止を求める方針を示したが、行政裁判所が28日にこれを覆し、主催者が条件を守れば実施できるとの判断を下していた。

ドイツでは新型ウイルス感染が再び拡大していることを受け、28日から新たに厳しい制限措置が導入されたばかり。

英ロンドン中心部でも29日、政府による新型ウイルス対応への抗議デモが実施された。数千人の参加者がワクチン義務化やロックダウン(都市封鎖)措置、行動制限への反対を唱えて気勢を上げた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]