民家の水道から赤ワイン、醸造所の不具合で流出 イタリア

水道から赤ワイン イタリア北部

(CNN) イタリア北部カステルベトロ町の民家約20棟で水道の蛇口やシャワーの先端部から赤ワインが約3時間流れ続ける珍事がこのほどあった。

地元のワイン醸造所で不具合が起き、瓶詰めを控えていた銘柄「ランブルスコ・グラスパロッサ」が町の水道管網に漏れたための騒動。流出量は1000リットルだったという。

同町はフェイスブック上で、漏出による健康障害は一切ないと確約した。

カステルベトロを含むイタリア北部は現在、欧州の中で新型肺炎の被害が最もひどい。副町長はCNNの取材に「笑うべき材料がほとんどない世相の中で、我々が笑みがこぼれるような軽はずみな出来事をもたらしたことはうれしい」とも述べた。

「願わくばいつの日か今回のことを思い出し町を訪ねたいと思ってもらえれば」とも付け足した。

この醸造所によると、瓶詰め工程の洗浄装置にあるバルブが故障したのが原因。醸造所の販売担当幹部は故障が起きたことについて「多くの人に感謝された」とも述べた。

カステルベトロ町はエミリア・ロマーニャ州の中心部にあり、普段は食べ物やワインを目当てに世界各地から観光客らが集まる。ただ、副町長によると、新型肺炎の感染拡大で地域の観光施設などの8割が予約取り消しに遭遇したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]