ワインにMDMA混入、一口飲んだ女性が死亡 ベルギー

本来は黒いコルクが使われていた/Antwerp Public Prosecutor's Office

本来は黒いコルクが使われていた/Antwerp Public Prosecutor's Office

(CNN) ベルギー北部アントワープの検察は29日までに、合成麻薬MDMAが混入されたワインを一口飲んだ女性が死亡したと明らかにした。

死亡したのはアントワープ近郊の町プールスに住む41歳の女性で、昨年12月にワインを飲んだ後、その場に倒れ込んだ。検察は、麻薬密輸業者がワインに大量のMDMAを混入させたとみている。

検察によると、女性は一口飲んだところで味に異常を感じ、ワインボトルを捨てたが、直後に意識を失った。病院に搬送されたものの、検査の結果、致死量のMDMAを摂取したことが判明。5日後に死亡した。

混入のあったワインは2016年物のメルロー・カベルネ・ソービニヨンで、オランダのブラック&ビアンコが製造/Antwerp Public Prosecutor's Office
混入のあったワインは2016年物のメルロー・カベルネ・ソービニヨンで、オランダのブラック&ビアンコが製造/Antwerp Public Prosecutor's Office

検察は他に混入のあったボトルの情報はないとしつつも、市民に警戒を呼び掛けるとともに、不審なワインボトルがあれば警察に通報するよう求めている。

このワインは2016年物のメルロー・カベルネ・ソービニヨンで、オランダのブラック&ビアンコが製造した。同社は26日に公式サイト上で声明を出し、女性の死に「大きな衝撃と動揺」を受けていると表明、遺族に弔意を示した。

混入のあったボトルに使用されたベージュ色のコルク/Antwerp Public Prosecutor's Office
混入のあったボトルに使用されたベージュ色のコルク/Antwerp Public Prosecutor's Office

ブラック&ビアンコによると、問題のボトルは本来の黒いコルクに代わり、ベージュ色のコルクが取り付けられていたという。同社は他のボトルに混入のあった事実は把握していないとしつつ、懸念がある場合は警察に通報するよう呼び掛けた。

被害者の姉妹は地元紙の取材に、女性は「ドラッグに100%反対」の立場だったと語っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]