新型コロナの世界的リスク、WHOが最高レベルに引き上げ

イタリア北部ピアチェンツァの緊急区画から出てくる救急部隊/Claudio Furlan/LaPresse/ZUMA Press

イタリア北部ピアチェンツァの緊急区画から出てくる救急部隊/Claudio Furlan/LaPresse/ZUMA Press

(CNN) 世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は28日、新型コロナウイルス流行の世界的なリスクについて、「高い」から最高レベルの「非常に高い」に引き上げたと明らかにした。

スイスのジュネーブで開いた記者会見で述べた。「事態はどの方向にも進みうる。我々はリスクを過小評価してはいない。リスクはまさにそこにある」としている。

新型コロナウイルスによる世界の死者はこれまで2922人に上っている。

中国の国家衛生健康委員会(NHC)によると、中国本土の死者は28日に47人増えた。2人を除き全員、流行の発生地とみられている湖北省で死亡したという。

これにより、中国本土での死者は昨年12月の流行発生以来、計2835人となった。

中国本土以外での死者は87人で、地域別内訳はイランで34人、イタリアで21人、韓国で16人、日本で10人、香港で2人、フランスで2人、フィリピンで1人、台湾で1人。

中国では28日、感染が確認された人も427人増えた。うち423人は湖北省だった。中国本土での累計感染者数は7万9251人となっている。NHCによると、3万9002人は回復し退院したという。

2月初めの中国では毎日新たに数千人規模の感染者が報告されていたが、このところ新規感染者の数は落ち着いてきたとみられる。

WHOによると、26日には流行後初めて、中国以外の世界各国の感染者発生数の合計が中国での発生数を上回った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]