メキシコのポポカテペトル火山、一晩で14回の噴火

メキシコのポポカテペトル火山の噴火の様子=10月2日/Hilda Ríos/EFE/EPA

メキシコのポポカテペトル火山の噴火の様子=10月2日/Hilda Ríos/EFE/EPA

(CNN) メキシコ国立防災センター(CENAPRED)は6日までに、同国中部にあるポポカテペトル山で一晩で14回の噴火が立て続けに起きたと報告した。同山はメキシコで最も活動が盛んな活火山の1つ。

14回の噴火が起きたのは現地時間の今月2日午前1時から同7時15分までの間で、3日に1回、4日にもさらに3回発生した。水蒸気の発生、ガスの放出や少量の降灰も報告した。

同センターは住民に対し噴火口を含め同山に近寄らないよう勧告。豪雨が発生した場合、地滑りや土石流を引き起こす恐れがあるとして同山の谷間から退去するよう促した。

センターが発令する火山活動警報は、近辺住民に警戒を怠らないことを求める黄色の段階となっている。

ポポカテペトル山はモレロス、プエブラ両州の間にそびえる。1994年に噴火するまで火山活動は休止状態にもあった。同年以降、火山活動に伴うごう音などの響きは周辺住民にとって日常茶飯事の現象となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]