世界の驚異的な火山10選

キラウエア火山(米国・ハワイ)

キラウエア火山(米国・ハワイ)

(CNN) 世界には驚異的な火山が数々存在する。世界各地の火山の一部を紹介する。

1.キラウエア火山(米国・ハワイ)

キラウエア火山は、ハワイ島の南に広がるハワイ火山国立公園内にある世界で最も活動的な火山だ。標高は1280メートルで、1983年から現在まで噴火が続いている。

最後の大噴火:1983年

最適な撮影場所・時間:「昼間は噴火口からもうもうと立ち上るガスや火山灰が見られる」と語るのは、ハワイ火山国立公園の広報担当ジェシカ・フェラケイン氏だ。また「日没後は、溶岩湖の炎が噴煙柱や夜空に反射し、見事なライトショーを作り出す」という。

2.カワ・イジェン火山(インドネシア・東ジャワ州)

標高約2800メートルのこの火山の噴火口には、硫酸を含む青緑色の湖がある。現在は噴火していないが、噴火口内の見えない火道から蒸気が音を立てて噴き出しているのを見ると、この火山が今も活動中であることが分かる。またこの火山は、「青い炎」でも知られる。夜、硫黄ガスが燃焼する際に青い光を発生する。また液体硫黄は冷えて固まると鮮やかな黄色のブロックに変化するため、地元の鉱山労働者はそれらを集めて近くの村で売っている。

最後の大規模噴火:1817年

最適な撮影場所・時間:運が良ければ、硫黄ガスが放つエレクトリックブルーの光が見られる。ただ、このめずらしい現象は毎日起こるわけではない。

3.ビジャリカ火山(チリ)

標高約2800メートルのビジャリカ火山は、世界でも珍しい恒久的活火山で、噴火口内の活発な溶岩湖は、南アンデスで旅行者に最も人気のある観光名所の1つだ。また山の麓には、自然のままの湖や趣のある小さな村もある。

最後の大噴火:2008年

最適な撮影場所・時間:雪の斜面を仰向けで滑り降りる友人たちの姿。「アイスピックをブレーキにしながら山腹を滑り降りるのがおすすめ」と語るのはEpiclistの共同創業者オルガ・レイムゲン氏だ。「中にはスキーやスノーボードを持って頂上に登る人もいる」という。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]