インド・ムンバイで豪雨 32人死亡、公共サービスも停止に

インド・ムンバイが大雨に見舞われ、死者も出ている/INDRANIL MUKHERJEE/AFP/AFP/Getty Images

インド・ムンバイが大雨に見舞われ、死者も出ている/INDRANIL MUKHERJEE/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) インド西部マハラシュトラ州のムンバイが豪雨に見舞われ、少なくとも32人が死亡した。過去10年で最悪の水準の大雨によって、1000人以上が避難を余儀なくされたほか、公共サービスの一部も停止している。

当局によれば、市北部で2日、崩れた擁壁に小屋が押しつぶされるなどして20人が死亡した。3人が冠水した道路でおぼれたという。そのほか、建築作業員6人も眠っていた建物に隣接する大学の壁が落下して死亡した。

インド海軍はムンバイ市の支援のため部隊を派遣した。空港の主要な滑走路も航空機が横滑りしたため閉鎖されたほか、列車の運行は一部が取りやめになるなどしている。

ムンバイは毎年、モンスーンに見舞われるが、1日と2日の雨は過去10年超で最悪の水準だった。

2日午前までの24時間で記録した降雨量は375.2ミリと24時間の単位では2005年以来の多さだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]