インドの人口、10年以内に中国を抜き世界一に 国連推計

インドの人口が10年以内に中国を抜いて世界一になるとの推計が発表された/DANIEL BEREHULAK/GETTY IMAGES

インドの人口が10年以内に中国を抜いて世界一になるとの推計が発表された/DANIEL BEREHULAK/GETTY IMAGES

(CNN) 国連がこのほど発表した世界の人口推計で、インドの人口が10年以内に中国を抜き、トップに躍り出るとの見通しが明らかになった。

現在は世界人口約77億人のうち、中国が最も多く14億人、2位のインドは13億人。両国で全体の約37%を占めている。

17日発表の報告書によると、世界全体の人口は1950年の26億人から、2050年には97億人まで増えると予想される。トップの座は27年までに中国からインドへ移り、50年までには両国の差がさらに広がるという。

世界的な少子化の流れなどにより、今から50年までの間に人口が1%以上減少する国は55カ国・地域に上るとみられる。中でも中国の減少幅は最大の3140万人、割合にして2.2%に及ぶ見通し。2100年時点の中国の人口は11億人まで減るのに対し、インドは15億人に増えることが見込まれる。

50年までに増加が見込まれる人口の半数以上はインド、ナイジェリア、パキスタン、コンゴ民主共和国(旧ザイール)、エチオピア、タンザニア、インドネシア、エジプト、米国の計9カ国に集中すると予測されている。

報告書によると、2100年にはナイジェリアの人口が7億3300万人に達し、米国から3位の座を奪うことが予想される。米国は4億3400万人で4位に下がり、5位には現在と同じくパキスタンが入る見通しだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]