世界一混雑がひどい列車は? 中央線7位、舎人ライナー9位

グーグルが世界の主要路線の混雑状況を比較するランキングを発表した/TORU YAMANAKA/AFP/Getty Images

グーグルが世界の主要路線の混雑状況を比較するランキングを発表した/TORU YAMANAKA/AFP/Getty Images

(CNN) 米グーグルの地図サービス「グーグルマップ」に公共交通機関の混雑を予測できる新機能が加わり、同社はユーザーから寄せられた情報をもとに、世界の主要路線について混雑状況を比較するランキングを発表した。

グーグルマップの新機能では、世界200あまりの都市で交通機関の混雑状況をチェックできる。混雑度ランキングは2018年10月~19年6月にかけ、ユーザーから寄せられたラッシュアワー(午前6時~10時)の混雑情報を分析してまとめた。ユーザーの情報は匿名化した上で集約して分析を行った。

グーグルマップではユーザーに通知を出して、自分が乗っている列車や地下鉄、バスなどの混雑状況を報告するよう呼びかけていた。

米ニューヨークや東京の通勤客は、自分たちの利用する路線が世界最悪だと思っているかもしれない。しかしグーグルのランキングでは、南米アルゼンチンとブラジルの路線が上位を独占した。アジアからランク入りしたのは東京の2路線のみだった。

混雑がひどい路線の世界ランキングは以下の通り。

1.ブエノスアイレス(アルゼンチン) ウルキサ線

2.サンパウロ(ブラジル) 11号線(コーラル)

3.ブエノスアイレス A線

4.サンパウロ 8号線(ダイヤモンド)

5.パリ(フランス) 13号線

6.ブエノスアイレス C線

7.東京 中央線

8.サンパウロ 9号線(エメラルド)

9.東京 日暮里・舎人ライナー

10.ニューヨーク(米国) L線

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]