タイ沖に「海上ハウス」、米ビットコイン長者が女と居住も逃走 主権侵害で死刑の恐れも

ビットコイン長者が居住も逃走、タイ沖の「海上ハウス」

(CNN) タイ沖に「海上ハウス」を建設した米国人の男とパートナーの女が、タイ当局から主権侵害の疑いをかけられる事態となっている。男女はハウスから逃走して身を隠しているが、起訴されて有罪となれば死刑を言い渡される可能性がある。

問題の海上ハウスは人気の観光地プーケットの沖およそ12カイリのところにあり、ビットコイン長者として知られる米国人のチャド・エルワータウスキー容疑者がパートナーの女とともに住んでいた。ソーシャルメディアで海上の住居での暮らしを提唱する同容疑者は自身のハウスについて、いかなる国の主権も及んでおらず、「タイの領海外にある」と繰り返し主張していた。

これに対しタイ当局は、事実ではないと反論。同国海軍の幹部は、他者に誤解を与えかねない主張でありタイの安全保障を脅かしていると強調し、「急を要する事態」だとの認識を示した。海軍司令官の1人によれば、海上交通の妨げになるためハウスは撤去される見通しだという。

海上住居の促進を手掛ける企業「オーシャンビルダーズ」は声明を出し、エルワータウスキー容疑者のハウスが自社の建設物だと発表。同容疑者とパートナーの女は入居の志願者であり、ともに「自由な暮らしに胸を躍らせていた」と述べた。またハウスはプーケットから13カイリ離れた国際水域にあるとしたうえで、問題が「外交的に」解決されるのを期待すると述べた。

エルワータウスキー容疑者はこれまで複数の動画に出演し、海上に住めば各国政府の政策決定や税法の影響を受けなくなるなどとことあるごとに語っていた。

タイの移民法に従えば、現在逃走中の同容疑者らが裁判にかけられ有罪となった場合、終身刑もしくは死刑を言い渡される可能性がある。ただタイ当局はCNNに対し、男女がまだ国内あるいは領海内にいるのかどうかは把握していないとした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]