イラン、米警告無視し衛星発射 軌道投入に失敗

ポンペオ米国務長官は衛星打ち上げの中止を要求していた/AMR NABIL/AP

ポンペオ米国務長官は衛星打ち上げの中止を要求していた/AMR NABIL/AP

(CNN) イラン政府は17日までに、衛星打ち上げを実施したものの周回軌道への投入に失敗したと発表した。

国営イラン通信(IRNA)によると、ジャフロミ通信・情報技術相はイマム・ホメイニ宇宙センターで打ち上げに伴う式典が催された後、ロケット発射の第3段階で所要の速度が得られず、軌道へ投入出来なかったと述べた。近く別の衛星を打ち上げるとの計画も示した。

イランによる弾道ミサイル開発を警戒する米国は今回の衛星打ち上げについて、イランとの核合意に伴う国連安全保障理事会の決議違反と主張し、中止を要求。ポンペオ米国務長官は実施した場合、イランへの制裁強化も警告していた。

同長官は今月3日の声明で、衛星打ち上げの手段には大陸間弾道ミサイル(ICMB)など弾道ミサイルのと実質的に同一の技術が用いられていると指摘。15日には衛星打ち上げは最終的に弾道ミサイル製造の能力につながると再度主張した。

ミサイル問題などの専門家はCNNの取材に、イランの今回の衛星打ち上げにはICBMの技術は使っていないとし、衛星は通信用としたイランの説明に注意を向けた。

トランプ米政権はイランとの核合意から離脱し、同国への制裁再開に踏み切っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]