ヘリ墜落で州知事が死亡、政治家の夫も同乗 メキシコ

ヘリコプターの墜落で死亡したエリカアロンソ州知事(右)と夫のモレノバジェ氏/VÍCTOR HUGO ROJAS/Newscom

ヘリコプターの墜落で死亡したエリカアロンソ州知事(右)と夫のモレノバジェ氏/VÍCTOR HUGO ROJAS/Newscom

(CNN) メキシコ中部プエブラ州のマルタ・エリカアロンソ州知事が24日、ヘリコプターの墜落事故で死亡した。同氏は先ごろ行われた州知事選挙で当選したばかり。同乗していた政治家の夫も死亡した。所属する政党の党首が明らかにした。

メキシコのロペスオブラドール大統領は同日夜、ツイッターでエリカアロンソ氏と夫のラファエル・モレノバジェ氏の死亡を確認。遺族に哀悼の意を示すとともに、事故原因を明らかにすることを約束した。

エリカアロンソ氏は州知事選で対立候補を僅差(きんさ)で破り、今月14日に就任していた。同州で女性が知事となるのは初めてだった。

夫のモレノバジェ氏は上院議員で、2011年から17年までプエブラ州知事を務めていた。

エリカアロンソ氏は23日夜のツイッターで、プエブラ州の家族に向けてよい休日を過ごせるように祈ると投稿。新たな年が平和で実り多い年になるようにとの願いもつづっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]