米・メキシコ国境越えて移民流れ込む、米当局が69人逮捕

鉄製のフェンスを乗り越える移民ら=25日、メキシコ・ティフアナ/Pedro Pardo/AFP/Getty Images
写真特集:移民キャラバン、米・メキシコ国境で混乱

鉄製のフェンスを乗り越える移民ら=25日、メキシコ・ティフアナ/Pedro Pardo/AFP/Getty Images

(CNN) 米国入国を目指す中米からの移民が25日にメキシコ西部ティファナの国境を突破しようとした問題で、米税関・国境警備局(CBP)は26日、不法に国境を越えた69人を逮捕したと発表した。ティファナの警察は25日にメキシコ側で39人を逮捕した。今後、逮捕者の本国への送還手続きが進むことになる。

現地のジャーナリストによると、移民約500人は25日、ティファナと米国を結ぶサン・イーサイドロ国境検問所付近の警察の封鎖線を突破していた。これにより検問所は一時封鎖された。

トランプ米大統領は、移民の多くは「冷酷な犯罪者」だと根拠を示さずに位置付け、メキシコが本国に送り返すべきだとの主張を展開。必要があれば国境を永久に封鎖するとも述べている。

米側は移民らを追い払うために催涙ガスを使用した。CBPはこれについて、移民が最初に物を投げてきて、要員の安全を確保するため催涙ガスを使ったと説明した。

メキシコ当局によると、ティファナのスポーツ施設には現在、5600人以上の移民が一時滞在している。内訳は男性3598人、女性1041人、子ども993人。

25日のデモは、この施設から国境に向けて行われ、平和的なものとなる予定だった。だがCBPによると、国境エリアに到着した移民らはいくつかの流れに分かれ、サン・イーサイドロ検問所に向かう者のほか、その東西を目指す者もいた。検問所を跳ね返された移民は古いフェンスを破ろうとしたり、CBPの要員に物を投げ付けたりしたという。

メキシコ内務省は、同国の連邦及び地元当局も移民の不法な越境を止めたと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]