米、メキシコ国境を閉鎖 違法な越境に催涙ガス使用か

米当局、サンディエゴの国境検問所を閉鎖

メキシコ・ティフアナ(CNN) 中米からの移民集団が米国への入国を目指し、数日前からメキシコ北西部ティフアナに集結している問題で、米税関・国境警備局(CBP)は25日、ティフアナから米国側へ通じる道路と歩道橋を閉鎖した。

違法な越境を試みた一部の移民に対し、催涙ガスが使用されたとの情報もある。

現地のフリーランス記者によると、ティフアナと米カリフォルニア州サンディエゴを結ぶサニーシードロ検問所では、多数の子どもを含む約500人の移民がメキシコ警察の警備を突破して国境ラインへなだれ込んだ。

国境を越える陸橋と歩道橋が両方向とも閉鎖されたため、集団は鉄道が越境する貨物エリアへ向かった。国境の壁の近くまで進んだものの、実際に越境したかどうかは、同記者のいる場所から確認できなかったという。

サニーシードロは西半球で最も通行者の多い陸上検問所。CBPは移民集団の到着に備え、全米各地からサンディエゴ周辺へ追加要員を送り込んできた。

ティフアナのガステルム市長は移民集団の流入に対し、受け入れは無理だと表明している。25日のツイートでは、米国側の職場や学校へ通う市民にも影響が及ぶことに懸念を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]