独の元看護師、患者100人の殺害認める 戦後最悪級

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
顔を隠して公判に臨む元看護師のニルス・ヘーゲル受刑者/JULIAN STRATENSCHULTE/AFP/AFP/Getty Images

顔を隠して公判に臨む元看護師のニルス・ヘーゲル受刑者/JULIAN STRATENSCHULTE/AFP/AFP/Getty Images

ベルリン(CNN) ドイツの病院で患者を殺害した罪に問われている元看護師の男が30日、北西部オルデンブルクの裁判所で開かれた公判で、患者100人を殺害した罪を認めた。これでこの事件は、同国で戦後最悪級の連続殺人事件となった。

起訴されたのは、ドイツ北部デルメンホルストとオルデンブルクの病院で看護師をしていたニルス・ヘーゲル受刑者(41)。当時勤務していたドイツ北部の2つの病院で2000~2005年にかけ、34~96歳の患者を殺害したことを認めた。

同受刑者は自分の蘇生措置の腕を同僚に見せびらかす目的や、退屈しのぎの目的で、患者に処方されていない薬を投与していたとされる。

今回の事件では、被害者の遺族など約126人がヘーゲル受刑者を告訴していた。公判は来年5月まで続く見通し。

ヘーゲル受刑者は既に、殺人や殺人未遂の罪で終身刑を言い渡されて服役している。この事件の発覚を受け、捜査当局は同受刑者の勤務先の病院に入院していた患者数百人の死亡について、遺体を掘り起こすなどして捜査していた。

過去の公判でヘーゲル受刑者は、患者の蘇生に成功すれば高揚感を感じ、蘇生できなかった時はひどく落胆したと証言していた。

警察によると、同被告に殺害された被害者の正確な数は、既に焼却された遺体もあることから、特定できない可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]