中国自動車販売が減少、GMやVWなどに打撃

中国にある米GMのブランド「ビュイック」の販売店/Qilai Shen/Bloomberg via Getty Images

中国にある米GMのブランド「ビュイック」の販売店/Qilai Shen/Bloomberg via Getty Images

香港(CNN Business) 世界最大の自動車市場である中国で販売台数が減少し、米ゼネラル・モーターズ(GM)や独フォルクスワーゲン(VW)といった欧米の大手メーカーが軒並み窮地に立たされている。国内の株価低迷や米中通商問題を受けて、消費者の購買意欲が減退していることが要因とみられる。

VWは9日、9月の中国での販売台数が前年同月比で11%近く減少したことを明らかにした。その前日にはGMが、7~9月期の中国販売について前年同期から15%落ち込んだと発表。英ジャガー・ ランドローバーも、9月の中国での売り上げが46%減少したことを受け、国内の1工場の稼働を2週間にわたって停止中だとしている。

中国汽車工業協会(CAAM)によると、同国での販売台数は7、8月ともに減少が続いている。VWは米国との貿易摩擦で「消費者の間に漠然とした不透明感」が生まれ、新車に大金をつぎ込むことに二の足を踏ませていると分析する。

このほか上海に拠点を置くコンサルティング会社、オートモーティブ・フォーサイトのマネジングディレクターは中国株の急落で家計の資産が激減した点に言及。新たな排ガス規制が来年から実施されるため、一部の消費者が新車購入を見合わせているとの指摘もある。

CAAMのデータによれば、米国車の8月の中国販売台数は前年同月比20%減と、中国車の2倍以上の下げ幅を記録した。欧米メーカーは関税の影響を軽減するため中国企業との合弁で現地生産を進めているが、これまで通り国外から輸入している一部の高級モデルに関しては、上記のような買い控えの影響が如実に出ている。

中国市場が成熟期に入るなか、国内の顧客は欧米の高級ブランドよりも安価な日本車、韓国車に乗り換えるようになると予測する専門家もいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]