サウジ政府、記者の死亡認める発表を準備か 「尋問中に誤って」

サウジ政府、記者の死亡認める意向か

アンカラ(CNN) サウジアラビアの反体制記者、ジャマル・カショギ氏がトルコ最大都市イスタンブールのサウジ総領事館に入ったまま消息を絶っている問題で、サウジ政府が同氏を誤って死なせたとする報告書の準備を進めていることが16日までに分かった。事情を知る2人の関係者が語った。

カショギ氏は尋問中に死亡したとする内容だという。関係者の話によると、報告書はこの尋問が許可なく非公開で実行されたと結論付け、関与した者の責任を追及する方針を示している。

ただし関係者の1人は、報告書はまだ準備中だと強調し、今後状況が変わる可能性もあると指摘した。

カショギ氏は米紙ワシントン・ポストのコラムなどでサウジ政府を批判していた。今月2日にイスタンブールの総領事館に入ったきり、行方が分からなくなっている。サウジ側は、カショギ氏が同日中に総領事館を出たと主張していた。

この問題をめぐり、サウジの首都リヤドで今月開かれる投資フォーラムに参加予定だった欧米の企業が、相次いで欠席を表明している。

CNN取材班は15日夜、トルコの捜査チームが総領事館に入る姿を目撃した。トルコの外交筋がCNNに語ったところによると、サウジ当局が館内の捜索を許可したという。

トランプ米大統領は15日、サウジのサルマン国王と電話で会談した。国王は会談で、この件について一切知らないと主張したという。トランプ氏は一方で、カショギ氏失踪の背後には「ならず者の殺人犯」がいた可能性があるとも話していた。

トランプ氏はまた、問題の解決に向けてポンペオ国務長官がサウジを訪問し、「必要ならば」トルコにも立ち寄るとの見通しを示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]