トランプ氏、南北首脳会談を評価 議員らは慎重な対応要求

南北首脳が共同宣言に署名

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は19日、北朝鮮で行われた南北首脳会談に触れ、和平に向けた良い兆しだと評価した。しかし、南北首脳の間で非核化に向けた実質的な進展があったことを示す内容は乏しく、議員や専門家からは慎重な姿勢を求める声も出ている。

トランプ氏がホワイトハウスで記者団の取材に応じたのは、南北首脳による共同宣言発表の数時間後。北朝鮮はこの中で、「国際的な専門家」の立ち会いのもとでミサイル実験施設を閉鎖するほか、米国が相応の措置に同意すれば核施設を破壊する可能性もあると表明していた。

トランプ氏は「北朝鮮と韓国から素晴らしいニュースが届いた」とした上で、金委員長との個人的な関係を自賛。「少なくとも個人的なレベルでは関係はとても良好だ」「彼も私も非常に冷静であり、今後の展開を見ていきたい」などと述べた。

しかし複数の米議員は、北朝鮮による核計画廃棄の意志について依然懐疑的な姿勢を明確にし、北朝鮮政府への圧力を維持するよう米政権に促している。

米下院外交委員会のエド・ロイス委員長(共和党)は南北会談を受け、「驚きだ。北朝鮮は非核化にはまるで不十分な措置と引き換えに米国の譲歩を求めている」とツイート。政権は最大限の圧力をかける政策を継続すべきだと強調した。

また一部の専門家は、ミサイル実験場や核施設を廃棄するとした北朝鮮の宣言について、「軍縮に見せかけたジェスチャーに過ぎない」可能性があると警告する。

米ミドルベリー国際大学院モントレー校のジェフリー・ルイス氏は「北朝鮮は以前から東倉里(トンチャンリ)のエンジン実験施設を破壊すると申し出ていた。新しいのはオブザーバーの立ち会いを許可する点だが、北朝鮮は核実験場についても同様の申し出をしておきながら、実際に招かれたのはジャーナリストだった」と指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]