キャセイパシフィックの機体に巨大スペルミス、同航空が自虐ネタに

機体の社名にスペルミスが発覚した/Cathay Pacific/HKADB/Facebook

機体の社名にスペルミスが発覚した/Cathay Pacific/HKADB/Facebook

(CNN) 香港のキャセイパシフィック航空が運航する旅客機で、機体に描かれた「パシフィック」の文字に巨大なスペルミスが見つかった。

注目を集めているのは同航空のボーイング777―367型機。香港国際空港に到着した同機の胴体部分には、「CATHAY PACIFIC」と描くべきところを、「F」が抜けて「CATHAY PACIIC」と描かれていた。

同航空はこの写真をソーシャルメディアで公開し、「しまった。この特別な塗装は長続きしません! 工場に戻ります」とツイートした。

問題の写真は、香港国際空港に関連したフェイスブックのグループページを通じて出回った。なぜこれほど壮大なミスが起きたのかは不明で、動機を勘ぐる声も出ている。

同航空の子会社の技術者は、英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストの取材に対し、「手違いにしてはスペースの取り方が完璧すぎる。我々はステンシルを使っているので、もし本当に手違いだったとしたら、文字と文字の間に空白があるはず」と指摘した。

一方、キャセイパシフィック航空の広報は、「もともと騒ぎを大きくするつもりはなかった。だが航空ファンの間で写真が広まったので、この愉快な瞬間を共有することにした」と話している。

英紙ガーディアンによれば、同機は中国のアモイを発ち、19日早朝に香港に到着していた。ツイッターでは、間違いに気付いたユーザーの投稿でうわさが広まり、「もしかして反対側は『CATHAY PACFFC』?」「笑いごとではない」といった反響が広がった。

同航空は、「このような『限定版』のチャンスはめったにない」とコメントしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]