ターンブル豪首相、与党党首選で勝利 続投へ

ターンブル豪首相が与党党首選で再選を果たした/Adam Trafford/AFL Media/Getty Images

ターンブル豪首相が与党党首選で再選を果たした/Adam Trafford/AFL Media/Getty Images

(CNN) オーストラリアの与党、自由党の党首選が21日に実施され、ターンブル首相が再選された。

ターンブル氏が同日朝に正副党首選などの実施を呼び掛け、党内右派のダットン内相が党首に立候補した。投票結果はターンブル氏が48票、ダットン氏が35票だった。

副党首には新たな立候補者がいなかったため、ビショップ外相が続投する。

ダットン氏は内相と移民相を兼任していたが、党首選の直後に閣僚を辞任すると表明した。

ターンブル氏はエネルギー政策の中で温室効果ガス排出量の削減目標を掲げていたが、党内右派の反対を受け、20日に全ての目標を撤回していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]