街のあちこちにカンガルー出没、餌不足が原因 豪首都

人家の庭に入り込み、並んでこちらを見つめる2頭のカンガルー/AFP/AFP/AFP/Getty Images

人家の庭に入り込み、並んでこちらを見つめる2頭のカンガルー/AFP/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) オーストラリアの首都キャンベラで、カンガルーの群れが家の裏庭やサッカー場などに突如出現して住民を驚かせている。ソーシャルメディアには愛嬌(あいきょう)ある姿をとらえた投稿が相次いでいるが、自動車との衝突も報告されており、餌不足のためとみられる街中への流入を懸念する声が出ている。

キャンベラには30を超える自然保護区があり、そのほとんどでオオカンガルーが生息している。そのため近隣の道路や庭などでカンガルーを目撃するのは珍しくない。

それでも豪首都特別地域(ACT)の自然保護当局を統括するダニエル・イグレシアス氏は、CNNの取材に対し、今冬はカンガルーを街中で見る機会が格段に増えていると指摘する。6~7月にかけ、記録的な寒さと極度の乾燥が続き、カンガルーの餌となる植物が不足していることが原因だという。

「現状ではキャンベラ中を見回しても、緑の草が生えているのは競技場や家の庭、校庭、道路わきなどわずかなところに限られる。そうした場所にカンガルーが引き寄せられている」とイグレシアス氏は説明する。

29日にはサッカーのリーグ戦を行っていたピッチ上にカンガルー1頭が乱入。選手がいるのもお構いなしに跳ね回ったかと思うと、ゴール前に寝そべって動かなくなるなど、勝手気ままにふるまう様子が笑いを誘った。

ただ群れで移動するカンガルーが路上に飛び出して自動車と衝突する事故も相次いでいる。イグレシアス氏は住民に向けて「群れが集まっている場所を把握して、そこを走るのを避けるか、徐行運転してほしい。夕暮れ時と夜明けは群れの移動が活発になるので特に注意が必要だ」と呼びかけた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]