バスクで200キロの人間の鎖、独立投票の権利求め スペイン

2018.06.12 Tue posted at 12:47 JST

[PR]

(CNN) スペイン北部バスク州でこのほど、独立の是非を問う住民投票実施の権利を求め、約20万人が手をつないで202キロに及ぶ人間の鎖をつくる運動を展開した。

人間の鎖は海辺のリゾート地サン・セバスチャンと西部の都市ビルバオ、バスク議会がある南部の都市ビトリアを結んだ。主催した地元の団体によると、参加者は必要とされた10万人のほぼ2倍に当たる17万5000人に上ったという。

今回の運動では、独立の是非を問う住民投票実施の権利だけでなく、自治権の拡大や自分たちの年金を管理する権利も要求した。

1978年に制定されたスペイン憲法では、独立の是非を問う一切の住民投票を禁止している。

昨年カタルーニャ州で行われた独立運動に対する強硬摘発は、広範な権限を行使して独立を阻止しようとするスペイン政府の姿勢を印象付けた。

バスク州は独自の警察機構をもち、教育制度や言語も異なる。バスク州立大学が実施した世論調査によれば、住民の23%は自分たちをスペイン人というよりバスク人だと感じると答え、35%は完全なバスク人だと回答した。

ただし、ビルバオにあるデウスト大学が実施した別の世論調査によれば、独立に賛成するバスク住民は23%にとどまり、43%は反対を表明している。それでも約40%は自治権の拡大を望み、独立の是非を問う住民投票の投票権が認められるべきという意見だった。

バスク州では、半世紀にわたる分離独立闘争で850人あまりを殺害した過激派組織「バスク祖国と自由(ETA)」が今年4月、正式に解散を表明していた。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]