マレーシア、高速鉄道計画を中止 中国関与の他事業も影響か

先ごろ行われた総選挙で首相の座に返り咲いたマハティール氏が高速鉄道計画の中止を発表した

先ごろ行われた総選挙で首相の座に返り咲いたマハティール氏が高速鉄道計画の中止を発表した

香港(CNNMoney) マレーシア政府は30日までに、同国とシンガポールを結ぶ高速鉄道の建設計画を中止すると発表した。膨大なコストに見合うだけの利益が見込めないというのが理由で、中国が関与している他のインフラ事業にも影響を及ぼす可能性がある。

マハティール首相(92)は28日、首都クアラルンプールで記者団に対し、当該の高速鉄道の建設には「巨額の費用」がかかると説明。マレーシア政府にとって採算がとれるのか、利用者に多くの利益をもたらすものになるのかといった観点から疑問を呈し、「有益ではない」との認識を示した。

専門家は計画のコストの総額として170億ドル(約1兆8000億円)前後が必要になると推計する。シンガポール政府は、計画の中止に関してマレーシア側から現時点でいかなる通知も受けていないとしている。

今月初めの総選挙で予想外の首相返り咲きを果たしたマハティール氏は、マレーシアの財政赤字を悪化させかねない大規模な事業計画の見直しを公約に掲げていた。

今回の決定を受け、中国が支援する140億ドル規模の鉄道建設など他の大型プロジェクトも中止の憂き目にあう可能性が出てきた。マハティール首相は28日、英紙フィナンシャル・タイムズとのインタビューで、同計画について中国政府との再交渉を望む考えを明らかにした。

総選挙で同氏に敗北したナジブ前首相は、中国の提唱する経済圏構想「一帯一路」の熱心な支持者として知られていた。この構想では、巨額の費用を投じて港湾や鉄道の建設を実施し、アジアからアフリカ、欧州の一部に至る広大な地域を結びつけることを目指している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]