ジンバブエ首都で大規模デモ、ムガベ氏退陣を要求

ムガベ氏の退陣求め行進 ジンバブエ

ハラレ(CNN) アフリカ南部ジンバブエの首都ハラレで18日、ムガベ大統領の退陣を求める大規模なデモが実施された。

参加者らはジンバブエ国旗や「ムガベは身を引け」「ムガベ王朝にノー」などと書いたプラカードを掲げて行進。ムガベ氏を軟禁した軍に感謝の意を表し、戦車とともに走ったり、兵士らを抱き締めたりする市民もいた。

大統領公邸の前にも数百人が集まって平和的なデモを行った。

デモはもともと、退役軍人の有力団体が呼び掛けた。CNN取材班によると、現場に警察の姿はなかった。

ハラレ市内のある住民は「国全体がお祝いムードだ。ついにあの老人を追い出せる」と話した。

集会の終盤には軍の報道官がその場に残った参加者らに「我々は軍服を着てジンバブエの敵に立ち向かっている」と語り掛けた。

しかし、ムガベ氏と軍の間で続く交渉の経緯に詳しい当局者によると、同氏は依然として辞任を拒否している。

与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU―PF)も17日、ムガベ氏に辞任を要求したと報じられた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]