ギリシャ首都周辺で洪水発生 16人死亡、20人負傷

ギリシャ首都で洪水が発生し、死者が出ている

ギリシャ首都で洪水が発生し、死者が出ている

アテネ(CNN) ギリシャ内務省は18日までに、首都アテネ周辺で豪雨による鉄砲水が発生し、住民ら16人が死亡したと報告した。負傷者は20人以上に達し、1人が行方不明となっている。

地元メディアは大規模な洪水災害と報道。被害が甚大なアテネ北西部のマンドラ市のイアナ・クリコウキ市長によると、住民は自宅内に閉じ込められており、家内の浸水は深さ1メートルにも達する。停電が起き、飲料水もないとした。

マンドラが位置する西アッティカ地方では非常事態が出された。1960年代からの住民という高齢者の女性は地元メディアに、今回ほどの規模の災害は初めてと証言した。アテネの検察当局は今回の災害が広がった原因などに対する予備調査の開始を命じた。

高速道路の一部は破壊され、多くの道路も寸断された。数百規模の民家や事業所などが被害を受けた。消防当局者は地元メディアに大部分の送電網が深刻な損壊を被ったと述べた。

消防当局によると、洪水の中から助け出した住民は最多で86人。助けを求める連絡は少なくとも600件に達しているという。

ギリシャのチプラス首相は今回の災害を受け、3日間を国を挙げての追悼日に指定した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]