日本は移民なしで生き残れるか<3> 現場の声は

2017.11.25 Sat posted at 09:00 JST

[PR]

男性は「信条やイデオロギーに違いがあるかもしれないが、働いているときは問題にならない。ただ、仕事をするだけだ。もし、より多くの支援を得られるなら、よろこんで税金を納めたい。ただ、すぐにそうなるとは思えないが」と述べた。

日本人の同僚も同意する。

「日本の若い人たちは解体の仕事をしたがらない。だから、それをしようする外国人労働者は日本の社会にとっても役に立つ。そして、代わりにそうした人たちに対する国からの支援もあるべきだ」

日本人の同僚は、日本が同質な国家であるというアイデンティティーを乗り越える必要があるのではないかと指摘。日本が閉鎖的な状況を続けるなら、未来は不確かになると付け加えた。

連載終わり

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]