在キューバ米大使館への「音響攻撃」、カナダ外交官も被害

キューバに駐在する外交官の間で「音響攻撃」による被害が拡大している

キューバに駐在する外交官の間で「音響攻撃」による被害が拡大している

ハバナ(CNN) 在キューバ米大使館に勤務する職員が首都ハバナで「音響攻撃」を受けたとされる問題で、被害はカナダの外交官にも及び、当初の推定よりも多くの被害者が出ていることが21日までに分かった。複数の米政府高官がCNNに明らかにした。

米当局者によると、音響攻撃は2016年11月半ばごろから始まり、これまでに米外交官や家族など10人以上が治療を受けた。米国に帰国して治療を受けた外交官2人は、難聴の症状が長引いてキューバへ戻ることができなくなった。ほかにもキューバでの在任期間を予定より早く切り上げた外交官が複数いるという。

米政府当局者によれば、6月にはカナダの外交官や家族5人も攻撃を受け、同じような症状を訴えた。カナダ政府は米国やキューバと連携して、原因の究明に当たっていることを明らかにした。

高度な音波装置を使った攻撃は、ハバナにある米外交官の公邸内や周辺で発生し、被害者は嘔吐(おうと)や頭痛、難聴などの症状に見舞われた。昆虫が立てるような音や金属が床をこするような音を大音響で発生させる攻撃も起きているが、音の出所は突き止められなかったという。

外交官のうち数人は、深夜、自宅で就寝中に音響攻撃を受けたと話している。

この攻撃について米国とキューバは極秘のうちに協議を続け、5月には米国がキューバの外交官2人を国外追放した。

ハバナに駐在する外交官、特に米大使館に勤務する外交官は、キューバ政府の厳重な監視下に置かれる。自宅はキューバ政府の賃貸住宅の利用を義務付けられ、ハバナから出張する場合もキューバ人の家庭に滞在することは禁じられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]