米国で最も危険なスパイ<1> 「キューバの女王」

2017.01.03 Tue posted at 17:00 JST

[PR]

(CNN) 米国防総省の国防情報局(DIA)で上級アナリストを務めながら、長年にわたり米軍の機密情報をキューバに流し続けていた女スパイがいた。近年の米国で最も危険なスパイとの見方もあるが、一般には知られていない。「キューバの女王」とも呼ばれたアナ・モンテス受刑者の知られざる素顔に迫った。

モンテス受刑者は1985年から2001年9月11日の米同時多発テロ前後まで、16年間にわたり米軍の機密情報をキューバ当局に流していた。

米国のような超大国に対してキューバが脅威となる可能性は少ないとの見方もあるかもしれない。ただDIAの元職員クリス・シモンズ氏によれば、米軍の機密情報がキューバから中国やロシア、北朝鮮などの国に渡れば脅威は増大する。

モンテス受刑者は米国の外交政策に怒りを抱いており、それがキューバ工作員の注意を引いた。スパイとなった同受刑者は友人や家族、祖国を裏切るよう仕向けられた。

モンテス受刑者の事件からは、普段は目にすることのない諜報の世界の一端が垣間見える。一部の専門家によれば、米国内で活動する外国機関のエージェントは10万人規模に達するという。

次回「米国で最も危険なスパイ<2> 2人のアナ」は1月4日公開

メールマガジン

[PR]