北朝鮮、米韓合同軍事演習を「状況悪化させる」と非難

2017.08.20 Sun posted at 18:08 JST

[PR]

(CNN) 朝鮮半島情勢の緊張が高まるなか、北朝鮮は20日、米軍と韓国軍が21日から実施する定例の合同軍事演習について、状況を悪化させる「無謀な行為」だと非難した。地元メディアの「労働新聞」が伝えた。

北朝鮮政府はまた、北朝鮮軍はいつでも米国を標的にすることができ、グアムやハワイだけではなく米国本土も北朝鮮軍からの攻撃からは逃れられないと主張した。

米国と北朝鮮との緊張感はここ数週間で高まっている。

北朝鮮メディアは先ごろ、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が米領グアム周辺にミサイル4発を発射する計画について精査を終え、米国の次の動きを見守っていると伝えていた。

一方、米軍やトランプ米政権は合同軍事演習について、予定通りに実施するとの方針を明らかにしている。

北朝鮮は合同軍事演習について、侵攻のための訓練だとして反発している。一方、米軍と韓国軍は、純粋に防衛目的のものだと主張している。

メールマガジン

[PR]