マイクロバスが土手から転落、19人死亡 南ア

2017.08.21 Mon posted at 11:40 JST

[PR]

(CNN) 南アフリカ東部で20日、マイクロバスが土手から転落する事故が発生し少なくとも19人が死亡した。地元政府の当局者が明らかにした。バスは定員を超える人数を乗せており、コントロールを失ったとみられる。

現場はクワズール・ナタール州ピーターマリッツバーグ郊外を走る幹線道路の橋の近く。州の交通当局は当初、SNSで現場での死者数を18人と発表。その後19人に修正したが、その詳細は明かしていない。20日夜の時点で、乗車していた7人が病院に収容されている。

交通当局の発表によると、事故当時マイクロバスに乗っていた人の数は運転手を含めて26人と、定員を10人オーバーしていた。乗客らは教会へ向かう途中だったという。

救急隊が駆け付けると、横転したマイクロバスの周囲に複数の遺体が横たわっていたという。地元の人々がけがをした12人を近くの診療所へ運んだ。これらの負傷者はその後病院に搬送された。

地元当局は事故を徹底的に捜査するよう命令。初期段階の報告としてブレーキに不具合があったとの見方も出ている。

メールマガジン

[PR]