北朝鮮、安保理制裁に反発 米国への報復を宣言

2017.08.08 Tue posted at 11:08 JST

[PR]

マニラ(CNN) 北朝鮮は7日、国連安全保障理事会が採択した同国への新たな制裁決議について、「我々の主権を著しく侵害する」と反発し、米国に対する報復を宣言した。

安保理は5日、北朝鮮が7月4日と28日に行った長距離弾道ミサイル実験に関連して、新たな制裁決議を全会一致で採択した。

北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相は7日に東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラムで発言し、「核兵器と大陸間弾道ミサイルの保有は、米国が投げ掛ける明白かつ現実的な核の脅威に対する正当な自衛策」だと主張。「我々はいかなる状況においても、核と弾道ロケットを交渉テーブルには載せない」と強調し、もし米国が北朝鮮に対して軍事力を行使すれば、「米国に重大な教訓を思い知らせる」と語った。

また北朝鮮が国連代表団を通じて同日発表した声明には、「米国は朝鮮半島情勢を核戦争の瀬戸際に追い込もうと試み、北朝鮮に対するミサイル演習に躍起になり、大規模戦略兵器を朝鮮半島に配備している」との非難が盛り込まれた。

朝鮮中央通信は、北朝鮮のミサイル発射を「米国に対する断固たる警告」と位置付け、「米国は、北朝鮮の国家と人民に対して犯したあらゆる凶悪犯罪の報いを存分に受けることになるだろう」と威嚇した。

メールマガジン

[PR]