米国民のカナダへの大量移住起きず、トランプ政権誕生後も

トランプ大統領誕生後も、これまでのところ米国からカナダへの移住は増えていない

トランプ大統領誕生後も、これまでのところ米国からカナダへの移住は増えていない

(CNN) 昨年の大統領選でトランプ氏当選が決まった後、これに反発する米国民のカナダ移住の選択がメディア上で話題となったが、実際の大量出国などはその後、起きていなかったことがこのほどわかった。

カナダ移民局の統計によると、今年1~3月におけるカナダへの永住申請件数は昨年同期間比で3.6%増。申請した米国人は今年1882人で、昨年同期からは66人増えただけだった。

また、入国査証(ビザ)などが発給されたのは2523人で、16年同期の2497人と比べればわずか1%増だった。

カナダへの移住の実現は思った以上に面倒なプロセスが必要で、これが移住を思い付いた米国人の障害となったとの見方もある。カナダの移住プログラムの大半では同国の雇い主からの終身雇用の申し出、カナダ内で技量が必要な職場での1年の就業経験、高度な英語能力、これに恐らくフランス語能力も加えた他、相当額の現金保持などが条件付けられている。

移住申請では、カナダ人の配偶者や親族の存在やカナダの学校からの受け入れ書簡なども一助となるが、申請が受け入れられる決め手にはならない。

カナダ・ノバスコシアを拠点にする移住関連問題に詳しい弁護士は、カナダ移住に関心を持った多くの米国人がいざその方法を調べてみると想像より長期の時間がかかり、複雑なプロセスが必要なことを思い知った背景があると見ている。

米国人によるカナダ移住の方法に関する調査件数は、トランプ氏が共和党候補の座を射止めた昨年3月の「スーパーチューズデー」終了後の4時間内には350%上昇。グーグルのデータ収集担当者によると、トランプ氏が選挙本選で勝利を決めた11月にも再び増加していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]