ロンドン高層火災 死者・不明者58人、首相が住民らと面会

2017.06.18 Sun posted at 11:49 JST

[PR]

ロンドン(CNN) ロンドン西部の24階建て集合住宅で起きた火災の死者と行方不明者は、17日の警察発表によると58人に達した。メイ首相は同日、被害に遭った住民らと首相官邸で面会し、直後の対応が「不十分」だったと認めた。

警察は17日、火災で行方不明になった58人のうち、16人の遺体が収容されたと発表。ロンドン警視庁の幹部はその後、30人の死亡が確認され、28人が見つかっていないと述べた。

メイ氏は火災翌日の15日に現場を視察した際、被害者と話をしなかったとして激しい非難を浴びた。

17日には官邸で住民やボランティア、地域指導者らの団体と2時間半にわたって面会。同日の声明で、被害者への支援と原因究明、安全対策に全力を尽くすと表明した。

メイ氏は直属の調査チームを置くことや、被害者の訴訟費用を政府が負担することを表明。被害者救済に向けた500万ポンド(約7億円)の基金に加え、3週間以内に住居を提供するために、必要ならばさらに資金を用意すると述べた。

さらに住民からの問い合わせなどに応じられるよう、現場の支援スタッフや電話受け付けスタッフを増員する方針を示した。

メイ氏や当局の対応に抗議する住民らは16日、現場付近の役所や内務省前で激しいデモを展開していた。

メールマガジン

[PR]