ロシア大統領報道官、米国の「ヒステリー」を批判 介入否定

2017.03.07 Tue posted at 09:35 JST

[PR]

(CNN) ロシアのペスコフ大統領報道官は7日までに、CNNとのインタビューに答え、同国が米大統領選に介入したなどとされる疑惑を改めて否定し、「ワシントンと米メディアのヒステリー」を批判した。

ペスコフ氏は、米国側でだれかが「我が国は他国に内政干渉を許し、選挙制度に影響を及ぼされるほど弱体なのか」と自問してもいい頃だと主張。介入疑惑を「考えられない」と一蹴(いっしゅう)し、「我々は冷静にならなければいけない。正気に返ろうではないか」と呼び掛けた。

米国ではトランプ大統領の就任前に側近らがロシア当局者と接触したとの疑惑を中心に、新政権とロシアのつながりをめぐる議論が大きな波紋を呼んできた。

オバマ前政権は昨年末、ロシアが米大統領選に介入したとして、ロシア外交官35人の国外退去処分などを含む制裁を科した。

メールマガジン

[PR]