中国、北朝鮮からの石炭輸入を年内停止

2017.02.20 Mon posted at 09:28 JST

[PR]

北京(CNN) 中国は19日以降、北朝鮮からの石炭輸入を今年いっぱい停止する。同国商務省が18日、税関当局と共同で発表した。国連安全保障理事会が昨年11月に出した制裁決議に基づく措置としている。

商務省によると、すでに通関手続きに入っている貨物を含め、北朝鮮原産の全石炭を対象とする。

11月の決議は、北朝鮮が昨年9月、過去の安保理決議に違反して強行した核実験を非難し、厳しい制裁を科す内容で、起草には中国も参加していた。中国は先月末、この決議に基づいて北朝鮮への輸出を禁止する品目のリストを発表していた。

今月12日に北朝鮮が実施した中距離弾道ミサイル「北極星2」の発射実験に対しても、中国はほかの安保理メンバーとともに非難を表明した。

北朝鮮からの石炭輸入については先週、中国東部の港が輸入を拒否したと報じられたが、外務省報道官は明確な確認を避けていた。

米国のティラーソン国務長官は17日、ドイツで開催された主要20カ国・地域(G20)外相会合の場で中国の王毅(ワンイー)外相と会談し、中国が「あらゆる手段で」北朝鮮の挑発行為を抑制することを強く求めていた。

中国は北朝鮮にとって最大の貿易相手国だが、同国指導部は近年、強引に核開発を進める金正恩(キムジョンウン)体制への不満を募らせているとみられる。

メールマガジン

[PR]