マレーシアで女を逮捕、ベトナムの旅券保持 金正男氏殺害

金正男氏、マレーシアで死亡

香港(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が死亡した事件に関連して、マレーシア警察は16日までに、女1人を逮捕したことを明らかにした。

女はベトナムの旅券を持っていて、15日にマレーシアのクアラルンプール国際空港で拘束された。

正男氏は13日に同空港で襲撃され、病院へ運ばれる途中で死亡した。韓国国会情報委員会はこの事件について、アジア系の女2人が正男氏を殺害した疑いがあるとの見方を示していた。

遺体は現在、検視が行われている。

正男氏は襲撃された時、家族のいる中国のマカオへ向かう便に搭乗しようとしていた。1週間ほど前にはマカオの高級ホテルで食事していたと、レストランの従業員が証言している。

在マレーシア北朝鮮大使館はCNNの取材に対し、正男氏の死に関する情報は何も入っていないと説明した。しかし正男氏の遺体が安置されていると思われるクアラルンプール市内の病院の遺体安置所に、北朝鮮の旗の付いた車が入るところが目撃されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]