女性容疑者、「いたずら番組」と思い攻撃 金正男氏殺害

2017.02.18 Sat posted at 17:15 JST

[PR]

ジャカルタ(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏の毒殺容疑事件で逮捕されたインドネシア人の女性容疑者がテレビのお笑い物番組の一場面と思い込み、正男氏の顔面に液体を浴びせたと供述していることが17日わかった。

インドネシア国家警察のティト・カルナビアン長官が同国アチェ州での会見で明かした。シティ・アイシャ容疑者は外国の工作員が絡むとされる暗殺事件とは気付いていなかったと述べた。報酬は数ドルだったことも自供したとしている。

また、以前にも同様の方法で他人に液体を吹きかけたことが3~4度あるとも白状したという。同長官は今回は液体が危険な物質だった疑いがあると述べた。「彼女は利用されていた。液体を浴びせる目的は知らなかった」とも語った。

同容疑者に液体を渡した人物は特定されていない。

マレーシアの警察は事件に関連し、同国スランゴール州で17日、北朝鮮国籍の容疑者を新たに逮捕したことを明らかにしていた。この容疑者の事件での役目も不明となっている。

これで逮捕者はアイシャ容疑者の他、ベトナム旅券を保持していた女とマレーシア国籍の男を加え計4人となった。

メールマガジン

[PR]