民間人の死傷者が過去最多、子どもの犠牲も急増 アフガン

自爆攻撃があったアフガン防衛省の近くで作業にあたる消防署員=2016年

自爆攻撃があったアフガン防衛省の近くで作業にあたる消防署員=2016年

(CNN) アフガニスタンの紛争で現場に放置された不発弾を拾って死傷する子どもが急増している。国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)が6日に発表した報告書によると、紛争に関連して2016年に死傷した子どもは前年より24%増加した。

「子どもたちは紛争の当事者が不用意に放置した不発弾で遊んでいて、死亡したり目が見えなくなったり手足を失ったり、あるいは意図せず友人を死なせてしまう」。国連人権高等弁務官はそう指摘した。

報告書によると、紛争に関連して2016年に死傷した民間人は合計で前年より3%増えて1万1418人となった。このうち3512人を子どもが占める。死者は923人、負傷者は2589人で、UNAMAが2009年に統計を取り始めて以来最悪だった。

戦闘があった場所では弾薬などが撤去されないまま放置され、子どもたちは自宅近くで遊んでいて見たことのない光る物体を見付けると、何も知らないまま好奇心から拾い上げてしまう。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]