中国、全ての象牙加工・取引を禁止へ 来年末までに

アフリカゾウが減少

香港(CNN) 中国政府は30日、全ての象牙の加工と取引を2017年末までに段階的に禁止する計画を発表した。保護活動家らは、今回の動きがアフリカゾウの大量殺害と絶滅の危機の食い止めになることに期待を寄せている。

中国はすでに象牙取引を禁止する計画を明らかにしていたが、今回の発表で具体的な日程を示した形だ。今夏の米中戦略・経済対話で年末までに日程を示すことになっていた。

世界自然保護基金(WWF)の理事長兼最高経営責任者(CEO)を務めるカーター・ロバーツ氏は、中国の発表はゾウ保護の現状を一変させるものだと指摘。「象牙の大規模取引は衰退期にあり、野生のゾウにはより明るい未来が待っている」「今年、米国も既に象牙の国内取引を禁止しており、世界最大規模の象牙市場を持つ2カ国が行動を取ったことで影響は世界中に広がるだろう」と述べた。

中国国務院が発表した計画では、今後1年間をかけて段階的に取引を終了させていく。中国の英字紙「チャイナ・デーリー」によれば、第1段階の取り組みとして来年3月31日までに、合法的な象牙加工工場などを運営する指定業者に閉鎖を命じる予定だという。

象牙の収集にも厳しい制限を課し、法令順守や教育に力を入れる。象牙彫刻業の転換も強力に推し進め、職人には博物館や保存活動での職探しを支援する。象牙製品の展示はインターネット上を含め全ての市場で禁止され、博物館など非営利の場所でのみ認められるようになる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]