ナイジェリア軍、過激派ボコ・ハラムの「最後の拠点」制圧

ボコ・ハラムがサンビサ森林地帯に築いていた拠点が制圧された

ボコ・ハラムがサンビサ森林地帯に築いていた拠点が制圧された

(CNN) アフリカ西部ナイジェリアのブハリ大統領は24日、同国北東部ボルノ州の軍事作戦でイスラム過激派「ボコ・ハラム」がサンビサ森林地帯に築いていた主要拠点の野営地を制圧したと発表した。

軍部隊の掃討作戦は23日未明に実施。同大統領はフェイスブックで、攻略した「キャンプ・ゼロ」はボコ・ハラムの最後の拠点と強調し、同組織戦闘員が隠れ潜む場所はもはやないと述べた。

キャンプ・ゼロの攻略はボコ・ハラム掃討作戦の最終段階での成果であるとも強調した。ナイジェリア軍当局者はCNNに、サンビサ森林地帯や周辺地域での掃討作戦は今後も続くと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]