マルコス元大統領の英雄墓地埋葬、フィリピン最高裁が判断へ

マルコス元大統領の埋葬計画について、フィリピン最高裁が判決を下す

マルコス元大統領の埋葬計画について、フィリピン最高裁が判決を下す

(CNN) フィリピンで長年にわたって独裁政権を率いたマルコス元大統領の遺体を国立英雄墓地に埋葬する計画に対し、市民から反対の声が上がっている問題で、同国の最高裁判所が18日に判断を下す。

最高裁により埋葬が認められれば、数千人規模の国民が反対の声を上げると見込まれている。

マルコス氏の遺体は現在、北イロコス州にある一族の霊廟(れいびょう)に保存されている。英雄墓地への埋葬は、ドゥテルテ大統領が今年8月に発表。遺体を9月18日に移す方針を示していたが、在任中の人権侵害などを理由に犠牲者の遺族らが強い反発を示し、約3万人の署名を集めて最高裁に差し止めを申し立てた。

ドゥテルテ大統領は16日、「最高裁が感情でなく公共の利益に基づいて判断を下すよう願っている」と語り、判断には従うと表明した。

これに対し、反対派の弁護士組合の責任者は「マルコス氏がファシストの独裁者であり、横領の達人だったという歴史上の事実」を最高裁は確認するべきだと主張した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]