デンマークの政党、難民対策で「スプレー」配布 非難の声殺到

反移民を掲げるデンマークの政党が難民対策として配布したスプレー

反移民を掲げるデンマークの政党が難民対策として配布したスプレー

(CNN) デンマークの小規模政党が最近、難民対策と称する「護身用スプレー」を市民に配布したことに対し、国際社会から非難の声が集中している。

物議を醸しているのは「デンマーク人の党」と名乗り、国家民主主義と反移民を掲げる右翼政党。デンマーク南東部の港町ハザスレウの路上で24日、市民らに約150本のスプレー缶を配った。

同国では催涙スプレーの使用が禁止されているため、代わりにヘアスプレーが使われた。

これに対して、欧州の難民支援団体から「難民への敵意に満ちたとんでもない行為だ」「戦火を逃れて欧州へやって来る難民を保護し、人間として尊重するべきなのに、このように扉を閉ざしたり偏見の目を向けたりする例が多過ぎる」と非難する声が上がった。

だが党を率いるダニエル・カールセン氏は「どこが人種差別なのか分からない。デンマーク人、特に女性たちが身を守れる方法を見つけたかっただけ」と主張。「長期的には難民を、広く言えば非欧米人を送還することが目標。短期的な目標は国民の生活をより良く安全にすることだ」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]