わが子に「子作り旅行」をプレゼント? デンマーク

旅先での解放感の高まりが、出生率アップに寄与する?

旅先での解放感の高まりが、出生率アップに寄与する?

(CNN) デンマークの旅行会社が、少子化問題の新たな解決法を編み出したらしい。

それは孫が欲しい熟年女性をターゲットにした広告キャンペーン。成人したわが子にセックス休暇をプレゼントすれば、10カ月後にはめでたく孫を抱けるというわけだ。

「お金で愛は買えない。果たしてそうか?」というフレーズで始まる半分ジョークのような宣伝ビデオに映し出されるのは、汗をかきつつ何かを楽しんでいる若い女性の姿だ。

宣伝はこう説く。よちよち歩きを始めたときも自転車に乗れるようになったときもそばにいた母親が、息子の子作りに力を貸したいと思うのは自然なことだ——少し距離は置かなければならないにしても。

そして宣伝はこう続ける。日差しにあふれた活動的な旅に出ると、特定の臓器に対するエンドルフィンの供給や血行がよくなってカップルのセックスは51%も増える、と(データの出所は不明。ちなみにキャンプ旅行は2%減なのでだめらしい)。

この旅行会社は過去にも「デンマークのためにやろう」と題したCMで話題になったことがある。これは恋人と旅に出てデンマークの抱える少子化問題を解決しようと呼び掛けるものだった。同国の出生率は1.7と、2010年の1.9から低下している。

CMの終盤にはこんなフレーズが出てくる。「国のためにやる気にはならなくても、お母さんのためならきっとやってくれるはず」

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]