飼い猫が大型犬7頭を襲撃、1頭けが カナダ

ピットブルテリア7頭を相手に大立ち回りを演じた「ベイビー」

ピットブルテリア7頭を相手に大立ち回りを演じた「ベイビー」

(CNN) カナダのブリティッシュコロンビア州で、1匹の飼い猫が自宅前を散歩していた大型犬のピットブルテリア7頭に襲い掛かって1頭に引っかき傷を負わせる騒ぎがあった。

騒ぎの主は、同州ビクトリアの民家で16年前から飼われているメス猫の「ベイビー」。自宅前を数人の女性に連れられたピットブル7頭が通り掛かり、うち1頭がベイビーと遊びたそうな素振りを見せたときに「事件」は起きた。

地元紙によれば、飼い主のベティ・トンプソンさんはベイビーについて、「頭の回転はあまり速くないけれど、私のことだけは一生懸命守ろうとする」と説明する。

目の前を通り過ぎる7頭の犬を見て、その本能が目覚めてしまったらしい。

犬を散歩させていた女性によれば、7頭は猫に構うことなく、ただ通り過ぎようとしていただけだという。ところが「猫は全部の犬に襲い掛かり、ひるむ様子を見せなかった」。

この騒ぎでピットブルテリア1頭と飼い主の女性が引っかかれて負傷し、病院で手当てを受けた。

トンプソンさんの夫は「普通なら犬を7頭も散歩させたりはしない。歩行者だって怖いと思う」とベイビーを弁護している。

トンプソンさん夫妻は、顔を引っかかれた犬の治療代222ドル(約2万2000円)を負担したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]